話題のサプリメントと薬:ひとりごと
薬剤師・サプリメントアドバイザーのnobuがサプリメントや薬についてのよくある質問・健康に関する(料理レシピなど)情報を発信!!
メニュー
サプリメント
ウコン CoQ10 続CoQ10 EPA+DHA イチョウ葉 高麗人参
カプサイシン ニンニク テアニン 茶カテキン クランベリー
ナットウキナーゼ  リコピン ブルーベリー
ビタミン  
ビタミン VB2 VE VB12
ミネラル

症状
貧血 冷え性 花粉症 花粉症その2 高血圧 風邪・インフルエンザ
特定保健用食品
トクホ
医療用医薬品
抗生物質 降圧剤 インフルエンザ 
ニュース
花粉症対策食品での健康被害 インフルエンザ 
患者さんとの出来事
注射嫌いの患者さん 腰痛にはゴルフ?!
その他
 
はじめまして インタビューフォーム なんでも質問してください
ニンニクは脂質に無効 胃薬は必要?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うつ症状に効果的なサプリメント
今日はうつ症状に効果があるといわれているサプリメントのお話です

ストレスがいっぱい溜まり、気分が落ち込むということは人生の中で誰もが一度は経験するもので「誰でもかかる」 可能性のあるごくありふれた病気です
その落ち込んだ状態がだいたい2 週間以上続いた場合うつ病と診断されることが多いようです

今回はうつ症状に効果的なサプリメントの紹介です

DHEA(ある番組で納豆が品切れ状態になった原因)
トリプトファン(アミノ酸)
カルシウムマグネシウム
SAMe
セントジョーンズワートなどがあります

詳しくは近いうちに細かく説明しますが、ストレス発散の方法を見つけて落ち込む気分も吹き飛ばしてしまう方法を探すのが一番ですね



このブログを応援してくださる方は1クリックお願いします

バレリアン
今日はバレリアンについてのお話です

バレリアン睡眠効果のあるサプリメントです

バレリアンとはオミナエシ科の植物で葉や根茎に有効成分が含まれています

GABAという言葉を最近はよく耳にする事があると思いますが、バレリアンはそのGABAに作用して睡眠効果を示すといわれています

サプリメントをのむタイミングは寝る前でOKです

重大な副作用は報告されていないので、特に気をつける必要は無いのですが、妊婦はのまないでください、胎児に影響が出ることがあります

サプリメントをのまないで眠る方法はこの記事を参考にしてください
サプリメントに頼らない睡眠


このブログを応援してくださる方は1クリックお願いします

メラトニン
今日はメラトニンについてのお話です

メラトニン睡眠に良いとされるサプリメントです

しかしどのように機序でさようするかはわかっていません

ただ、メラトニンは脳の中で作られる物質で、暗闇でたくさん作られて、明るいところでは作られなくなります
このメラトニンは子供のときに最大となりどんどん低下していってしまいます

サプリメントを飲むタイミングは寝る30分前にとると良いと考えます

注意することとして
緑内障の人は止めたほうが良いです(眼圧上昇)
てんかん発作のある人も止めたほうが良いです


ひとりごと
メラトニンは時差ぼけに効果があります
現地に着いたら、現地の夜に時間にメラトニンをとったら時差ぼけが治るそうです
でも、出発前からのんでも効果は無いそうです


このブログを応援してくださる方は1クリックお願いします



キシリトール
今日はキシリトールについてのお話

もう、キシリトールは有名ですよね

虫歯予防の効果のある天然甘味料です
今、ほとんどのガムにはキシリトールが含まれていますね

ちなみにシラカバなどの樹木から取れます

砂糖はミュータンス菌によって分解されて酸が発生します
その酸によって歯が溶ける(脱灰)のですが、
キシリトールは酸を生成せず、さらに口内を中性に保ち、再石灰かも行ないます

このことはいろんなデータで実証済みなのですが、

最近、キシリトールは子供の急性中耳炎にも予防効果があることが分かりました
しかし、あくまで予防としてなので、中耳炎になってからでは効果がありません

毎日、何度かに分けてキシリトールを摂ると歯にも中耳炎にも有効です

でもキシリトールは摂りすぎるとおなかをこわしますので注意してください


このブログを応援してくださる方は1クリックお願いします

高脂血症の薬で体内時計調節!?
今日はサプリメントとはまったく関係ないお話です

病院で使われるコレステロールの薬には
大きく分けて、スタチン系、フィブラート系、陰イオン交換などがあります

そのなかのフィブラート系の薬に体内時計を正常化する働きが新たに見つかったそうです

産業技術総合研究所(茨城県つくば市)と早稲田大の研究チームが確認と記事にありました

生物には時計遺伝子と呼ばれる一連の遺伝子群があり、その働きによって約24時間周期の体内リズムが保たれています
 
時計遺伝子の壊れた、夜更かし・朝寝坊型のマウスにこの薬を投与したところ、活動時間帯が正常になったことが確認され、ネズミは早起きになり、正常なネズミと同じように活動しましたそうです

詳しいメカニズムは分かっていませんがPPARαというたんぱく質に関係して体内時間が正常になるようです
 
不眠は深刻な問題なんだけど、イメージとして不眠でコレステロールの薬は飲みたくないな~~~


このブログを応援してくださる方は1クリックお願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。