話題のサプリメントと薬:ひとりごと
薬剤師・サプリメントアドバイザーのnobuがサプリメントや薬についてのよくある質問・健康に関する(料理レシピなど)情報を発信!!
メニュー
サプリメント
ウコン CoQ10 続CoQ10 EPA+DHA イチョウ葉 高麗人参
カプサイシン ニンニク テアニン 茶カテキン クランベリー
ナットウキナーゼ  リコピン ブルーベリー
ビタミン  
ビタミン VB2 VE VB12
ミネラル

症状
貧血 冷え性 花粉症 花粉症その2 高血圧 風邪・インフルエンザ
特定保健用食品
トクホ
医療用医薬品
抗生物質 降圧剤 インフルエンザ 
ニュース
花粉症対策食品での健康被害 インフルエンザ 
患者さんとの出来事
注射嫌いの患者さん 腰痛にはゴルフ?!
その他
 
はじめまして インタビューフォーム なんでも質問してください
ニンニクは脂質に無効 胃薬は必要?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タミフルについて
最近、またニュースで大きく取り上げられてきましたね。
抗インフルエンザ薬の「タミフル」です。
以前にも書きましたが、インフルエンザの治療には主に内服薬「タミフル」と吸入剤「リレンザ」があります。実はもう一つ「シンメトレル」という薬もありますが、これはA型のインフルエンザのみの適応です。
シンメトレルは本来はパーキンソン病等に使われている薬で、しかも昔の薬ですので、最近はほとんど見なくなりました。

やはり現在のインフルエンザ治療にはタミフルとリレンザが必須なのです。
報道にありましたように、小児の転落死や不可解な行動などがクローズアップされておりますが、厚生労働省はまだタミフルとの因果関係をはっきりさせていません。

おそらくインフルエンザ脳症での異常行動なのか、タミフルが原因の精神症状なのかがはっきり解明できていない為だと思いますが、どちらにしろ、インフルエンザウイルスに感染した以上、せめて熱が下がるまでしっかり保護者の方が看護する必要があると思います。

ちなみにインフルエンザ脳症は小児が大半です。
一方的にタミフルをバッシングするような過剰報道はまだ信じない方が良いと私は考えています。慌てずに厚生労働省の結論を待ちましょう。

このブログを応援してくださる方はクリックお願いします
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fhnobu.blog92.fc2.com/tb.php/32-484ad47f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。