話題のサプリメントと薬:ひとりごと
薬剤師・サプリメントアドバイザーのnobuがサプリメントや薬についてのよくある質問・健康に関する(料理レシピなど)情報を発信!!
メニュー
サプリメント
ウコン CoQ10 続CoQ10 EPA+DHA イチョウ葉 高麗人参
カプサイシン ニンニク テアニン 茶カテキン クランベリー
ナットウキナーゼ  リコピン ブルーベリー
ビタミン  
ビタミン VB2 VE VB12
ミネラル

症状
貧血 冷え性 花粉症 花粉症その2 高血圧 風邪・インフルエンザ
特定保健用食品
トクホ
医療用医薬品
抗生物質 降圧剤 インフルエンザ 
ニュース
花粉症対策食品での健康被害 インフルエンザ 
患者さんとの出来事
注射嫌いの患者さん 腰痛にはゴルフ?!
その他
 
はじめまして インタビューフォーム なんでも質問してください
ニンニクは脂質に無効 胃薬は必要?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビタミンB12
今日はビタミンB12コバラミン)のお話です

まず、ビタミンB12はどんな効果が期待できるのでしょうか?

赤血球の産生に作用する
手足のしびれ冷え性
核酸の合成

あと、どんな人が摂ったほうがよいのでしょうか?
しびれのある方
冷え性の方
妊婦、授乳婦 
野菜しか食べない方
悪性貧血の方


詳しくは続きへ

このブログを応援してくださる方はクリックお願いします
ひとことでビタミンB12といっても細かく分類すると複数あり
サプリメントに多い シアノコバラミン
医薬品に多い メチルコバラミンなどがあります 

ビタミンB12は分子内にコバルトを含む(その為に色は赤い)、水溶性のビタミンで、微生物によって合成されるので、植物性の食品にはほとんど含まれません

胃から出る、内因子によってビタミンB12は吸収されるので、胃を摘出した方は補充が必要です

あと、薬との飲みあわせなのですが、胃酸を抑える薬を飲むと胃からのビタミンB12の吸収が阻害されます

通常の食事ではビタミンB12は不足することはありません
でも、摂りすぎても過剰になることもありません

ビタミンはB12だけをサプリメントとして摂っても、他のビタミンが不足していては効果がないので、
ビタミンB1 B6 B12が配合されたサプリメントにしたほうが良いです


ビタミンB12は栄養機能表示が可能です
「ビタミンB12は、赤血球の形成を助ける栄養素です。」


ひとりごと
メチルコバラミン活性型シアノコバラミン不活性型なので、シアノコバラミンは体内でメチルコバラミンになる必要があります。 

しびれや血管修復は作用はメチルコバラミンが作用するため、サプリメントなどを摂る際はメチルコバラミン(メコバラミン)オススメします 



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fhnobu.blog92.fc2.com/tb.php/21-c47ef074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。