話題のサプリメントと薬:ひとりごと
薬剤師・サプリメントアドバイザーのnobuがサプリメントや薬についてのよくある質問・健康に関する(料理レシピなど)情報を発信!!
メニュー
サプリメント
ウコン CoQ10 続CoQ10 EPA+DHA イチョウ葉 高麗人参
カプサイシン ニンニク テアニン 茶カテキン クランベリー
ナットウキナーゼ  リコピン ブルーベリー
ビタミン  
ビタミン VB2 VE VB12
ミネラル

症状
貧血 冷え性 花粉症 花粉症その2 高血圧 風邪・インフルエンザ
特定保健用食品
トクホ
医療用医薬品
抗生物質 降圧剤 インフルエンザ 
ニュース
花粉症対策食品での健康被害 インフルエンザ 
患者さんとの出来事
注射嫌いの患者さん 腰痛にはゴルフ?!
その他
 
はじめまして インタビューフォーム なんでも質問してください
ニンニクは脂質に無効 胃薬は必要?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イチョウの葉


最近、サプリメントとしてイチョウの葉をよく耳にします


効果としては 
記憶力の衰え
アルツハイマーなどの認知症の進行抑制
冷え性
耳鳴りに効果があるとされています。

ドイツでは医薬品として扱われています

それではどのようなことに注意して飲めばよいのでしょうか?

このブログを応援してくださる方はクリックお願いします
どのように効くかというと
イチョウの葉に特有のギンコライドという成分が
血管拡張(冷え性耳鳴りに効果)
脳の神経伝達物質を活性化(物忘れ認知症に効果)
という効果を示します

副作用
低血圧・下痢・嘔吐・過敏症などがあります。
どれも比較的、軽度なものばかりです

さらに少し深く、注意が必要な病院からもらっている薬
血圧を下げる薬
コリン作動薬(少し専門的なので医師・薬剤師に確認して下さい)

副作用など少し怖く聞こえますが、どんなものでも副作用は多かれ少なかれあります。
でも、知っているので知らないのでは大きな違いなので参考になればと思います。

ひとりごと
イチョウの葉にはギンコール酸というアレルゲン性物質が含まれています。(ギンナン拾いなどでかぶれるのはその為です)

副作用に過敏症と書きましたが、そのギンコール酸が原因です
イチョウの葉エキスにはギンコール酸を5ppm(1ppm = 0.0001%)以下にするように決まりがあります。
通常、ギンコール酸は5ppm以下になっているのでサプリメントなどにもギンコール酸の量などは書いてありません。
でも、私としては、そんな不都合なこともちゃんと明記してあるサプリメントのほうが信頼できます

DHCのイチョウ葉エキスiconにはギンコール酸 1ppm以下と書いてありました。    
さすがDHCだね♪ 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fhnobu.blog92.fc2.com/tb.php/20-ced990db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。