話題のサプリメントと薬:ひとりごと
薬剤師・サプリメントアドバイザーのnobuがサプリメントや薬についてのよくある質問・健康に関する(料理レシピなど)情報を発信!!
メニュー
サプリメント
ウコン CoQ10 続CoQ10 EPA+DHA イチョウ葉 高麗人参
カプサイシン ニンニク テアニン 茶カテキン クランベリー
ナットウキナーゼ  リコピン ブルーベリー
ビタミン  
ビタミン VB2 VE VB12
ミネラル

症状
貧血 冷え性 花粉症 花粉症その2 高血圧 風邪・インフルエンザ
特定保健用食品
トクホ
医療用医薬品
抗生物質 降圧剤 インフルエンザ 
ニュース
花粉症対策食品での健康被害 インフルエンザ 
患者さんとの出来事
注射嫌いの患者さん 腰痛にはゴルフ?!
その他
 
はじめまして インタビューフォーム なんでも質問してください
ニンニクは脂質に無効 胃薬は必要?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インフルエンザ
最近はずぅ~~~~っとタミフルが医療のニュースで取り上げられていますね

インフルエンザ治療薬「タミフル」の副作用報告のうち、転落・飛び降り事例についての数字の訂正もありました

タミフルばっかり取り上げられてますけど、
今、医療現場ではどうしてもインフルエンザのために治療薬を使わなくてはいけないときはどうすればよいのでしょうか?

タミフルの代わりになる似たような効果のインフルエンザの治療薬は
リレンザしかありません

そのため、ニュースにはあまりなりませんが、リレンザの供給が追いついておらず使いたくても使えない状況になっています

え?どうしてもというのならタミフルを使えばいいって??

それが、僕もよく体験するのですが患者さんがタミフルを飲みたがらないんです
理由は分かりますが・・・

今年はまだまだインフルエンザがはやっているので、健康管理はしっかりしましょう


このブログを応援してくださる方は1クリックお願いします
スポンサーサイト
ハチミツでポリフェノール増加?
日本テレビ「午後は○○・おもいッきりテレビ」で
ハチミツはポリフェノールを増加する作用があるって放送してました

実際どうなんだろう???

ハチミツにはグルコン酸が含まれていて、それが作用するそうです

グルコン酸は「酸味料」や「Ph調整剤」として使われています

腸内のビフィズス菌を10倍に増やしてくれます

→ハチミツは胃の酸度を上がりにくくする。胃酸過多の人は、甘みをハチミツで取ると良い

ハチミツの中でも種類があって、抗酸化効果が高いのはソバハチミツで通常のハチミツの5倍のポリフェノールを含む

でも、独特のにおいがあるので好き嫌いが分かれそうです

通常に使う蜂蜜の量では効果は実感できないように思います・・・

あと、1歳未満の子供はハチミツに含まれるボツリヌス毒素の影響を受けてしまうため、摂らないようにして下さい


このブログを応援してくださる方は1クリックお願いします


能登半島地震 エコノミー症候群
能登半島地震があり、僕が住んでいるところも、震度5弱の揺れを観測しました
幸いにも、テレビの上のものや本棚にあった物が落ちてきたぐらいで、被害はありませんでした
 
最初は小さい揺れだったので、特に気にならなかったのですがすぐに大きな揺れになって、結構長い間続いたと思います 

僕はビルの中にいたのですが、実際に体験すると机の下に隠れるべきなのか考えてしまい、結局動けないままでした 

被災地の方が車などで過ごす際、エコノミークラス症候群に注意するように呼びかけがありました

このブログを応援してくださる方は1クリックお願いします


ニンニクはコレステロールに効果ない!?
最近の専門ニュースでニンニクニンニクサプリメントでは脂質(コレステロール)を下げる効果は得られなかったという研究結果が出ました。 

この記事を受けまして、このブログのサプリメントの項目のニンニクで効果に「コレステロールを下げる」とあったのですが削除して代わりに「動脈硬化の予防」と訂正します
詳しくは続きで

このブログを応援してくださる方はクリックお願いします
 
タミフルについて
最近、またニュースで大きく取り上げられてきましたね。
抗インフルエンザ薬の「タミフル」です。
以前にも書きましたが、インフルエンザの治療には主に内服薬「タミフル」と吸入剤「リレンザ」があります。実はもう一つ「シンメトレル」という薬もありますが、これはA型のインフルエンザのみの適応です。
シンメトレルは本来はパーキンソン病等に使われている薬で、しかも昔の薬ですので、最近はほとんど見なくなりました。

やはり現在のインフルエンザ治療にはタミフルとリレンザが必須なのです。
報道にありましたように、小児の転落死や不可解な行動などがクローズアップされておりますが、厚生労働省はまだタミフルとの因果関係をはっきりさせていません。

おそらくインフルエンザ脳症での異常行動なのか、タミフルが原因の精神症状なのかがはっきり解明できていない為だと思いますが、どちらにしろ、インフルエンザウイルスに感染した以上、せめて熱が下がるまでしっかり保護者の方が看護する必要があると思います。

ちなみにインフルエンザ脳症は小児が大半です。
一方的にタミフルをバッシングするような過剰報道はまだ信じない方が良いと私は考えています。慌てずに厚生労働省の結論を待ちましょう。

このブログを応援してくださる方はクリックお願いします
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。